ニュース

  • HOME
  • ニュース|2014年

【引越し侍/エイチーム】日本一暑がりな県は○○県!?エアコンの保有台数&設定温度ランキング!常夏の島、沖縄県の意外な順位とは…?~引越しなんでも大調査~

株式会社エイチームのグループ会社である株式会社引越し侍は、同社が運営する引越し比較・予約サイト『引越し侍』のご利用者へ実施したアンケート結果を元に、都道府県別『エアコンの保有台数&設定温度ランキング』(http://hikkoshizamurai.jp/report/026/)を公開いたしました。
今年の夏も、厳しい暑さが続いています。そんな夏を涼しく快適にしてくれるのが、『エアコン』です。エアコンは、もはや私たちの生活にとって、必要不可欠な存在となっています。
今回は、そのエアコンをテーマに、都道府県別のエアコン保有台数ランキングと、夏場の設定温度ランキングをお届けします。
保有台数と設定温度、どちらも堂々の首位に輝いた“暑がり”な都道府県とは…?
日本一暑いイメージのある沖縄県の、意外な順位にも注目です。


<エアコンの保有台数・設定温度に関する調査結果>
◆当サイトをご利用の上、引越しされた方を対象にアンケートを実施。その結果をもとに、都道府県別のエアコン保有台数と、設定温度に関する調査レポートを作成いたしました。


【調査結果サマリー】
◆西日本が優勢な中、北陸地方の福井と富山がランクイン!

エアコン保有台数の上位は、九州や四国といった、平均気温の高い地域がほとんどを占めていたため、暑い地域ほどエアコンをたくさん持っていると言えました。そんな中、1位は福井県、6位は富山県と、北陸地方の2県がランクインしています。
北陸地方は、年間平均気温はそこまで高くないものの、年間最高気温は比較的上位であることから、季節による気温差が大きく、夏が暑い地域であることが伺えます。
また、主に福井県・富山県・石川県に電気を供給している北陸電力は、電力会社10社の中で最も電気代が安いことが分かりました。
その北陸地方の中で、福井県と富山県は、持ち家率・持ち家の延べ床面積の他、湿度の高さでも全国TOP3以内に入っています。
夏は湿度が高くて蒸し暑く、家が広くて電気代も安い福井県・富山県は、エアコンの保有台数が多くなるのも納得と言えました。

◆日本一暑い沖縄県、どうして41位!?
上位を暑い地域が占める中、日本一暑いイメージのある沖縄県の保有台数は41位と、疑問の残る結果に。
詳しく調査を進めると、沖縄県の年間平均気温は当然のごとく全国1位でしたが、夏場の最高気温に関しては、なんと42位!夏は他の地域のほうが暑いことが分かりました。
年中暖かい沖縄県は、1年を通しての寒暖差が本州よりも小さいため、県民の方々も、暑さに慣れているのかもしれません。
また、沖縄県は、電力会社別の電気料金ランキングで、ほぼ毎年3位以内にランクインするほど電気料金が高い県になります。
沖縄県のエアコン保有台数の少なさは、暑いことが当たり前であること、電気代が高いことが、少なからず関係しているのではないでしょうか。

◆実は「福井県民は日本一暑がり?」驚きの調査結果
エアコンの保有台数1位となった福井県は、引越し侍が同時に調査をおこなった『扇風機の保有台数ランキング』、『出身地別 エアコン設定温度ランキング』でも、堂々の1位にランクインしていました。さらに、2012年の総務省の家計調査では、アイスクリーム・シャーベットの消費量が全国2位を記録していたことも分かりました。
エアコンも扇風機も、どの都道府県よりもたくさん持っている上、設定温度も日本一低く、アイスの消費量も多い福井県民の方々は、ほぼ間違いなく暑がりであると言えそうです。


【みんなの暑さ対策を教えて!集まったエピソードはこちら】
・遮光カーテン、遮光ネット、遮光シートの利用。(60代・男性)
・暑かったら水をあびる、玄関に水を撒く、窓は開けておく。(20代・女性)
・窓全開、時々行水、稀に素っ裸。(20代・男性)
・カーテンで熱遮断、1階の窓の外にはゴーヤを這わせたり、すだれをかけたりしています。(50代・女性)
・うちわ+タオルは必須。保冷剤を手ぬぐいで巻き、おでこにあててハチマキにしています。あとは、サウナで我慢大会して限界まで挑戦し、暑さに対して免疫をつける。(30代・男性)
・カーテンなどの窓まわりを工夫する!風鈴をつけたり、すだれをしてみたり、熱遮断シートを貼ったり。だいぶ改善されていると思います!(20代・女性)
・メントール入りのボディータオルを使う。(40代・男性)

その他、本調査の詳しい調査結果はこちら
http://hikkoshizamurai.jp/report/026/


【調査概要】
調査エリア :全国
調査方法 :当サイトをご利用の上、実際に引越しをされた方を対象にインターネットアンケートを実施
サンプル数 :2,106件
調査期間 :2014年6月~7月
※調査には、総務省 統計調査のデータを引用しています。

【引越し侍 引越しなんでも大調査】
引越しにまつわる様々なデータやアンケートをもとに、隊長の“引越し侍”とアシスタントの“こまつ”&“やまかわ”が、オリジナルランキングやレポートを楽しくお届けしてまいります。
http://hikkoshizamurai.jp/report/

【『引越し侍』について】
引越し情報を入力するだけで、全国200社以上の引越し業者の中から、お客様の条件にあわせて、引越し料金やサービスを比較し、業者を予約したり、一括で見積もりの依頼ができるWebサイトです(PC・スマートフォン・携帯電話に対応。予約サービスはPCのみに対応)。複数の引越し会社の料金やサービスを比較できるので、自分にあった引越し会社を簡単に見つけることができます。

引越し侍Webサイト:http://hikkoshizamurai.jp/
引越し侍 海外引越し専用ページ:http://hikkoshizamurai.jp/abroad/
引越し侍Twitter:https://twitter.com/hikkoshizamurai
引越し侍Facebookページ:https://www.facebook.com/hikkoshizamurai
※文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社引越し侍
メディアマーケティング部 担当:山田 岳史
TEL:052-527-3073 FAX:052-527-3080
Mail:h-info@a-hikkoshi.co.jp
URL:http://www.a-hikkoshi.co.jp/

※株式会社引越し侍は、株式会社エイチームの100%出資子会社として平成25年8月22日に設立、10月1日より営業を開始いたしました。