ニュース

  • HOME
  • ニュース|2014年

【引越し侍/エイチーム】最も読まれている書籍のジャンル、3位は『ミステリー・サスペンス』、2位は『少年マンガ』、1位は『趣味・実用』!ジャンルごとの都道府県ランキングも公開

株式会社エイチームのグループ会社である株式会社引越し侍は、同社が運営する引越し比較・予約サイト『引越し侍』のご利用者へ実施したアンケート結果を元に、『書籍のジャンルに関する調査』(http://hikkoshizamurai.jp/press/11/)を公開いたしました。
引越しの荷物の一つである、本やマンガなどの『書籍類』。
書籍には、文芸やノンフィクション、ミステリーなど、さまざまなジャンルがありますが、最も読まれているのは、どんなジャンルでしょうか?引越し侍を利用された方へ、普段読んでいる書籍のジャンルについてお尋ねしました(複数回答可)。
男女別、年代別、都道府県別に分けたランキングでは、それぞれ特徴が出る結果となっています。
また、ランキングに加えて、皆様からお伺いした『おすすめの一冊』もご紹介しています。是非最後までお楽しみください。


【調査概要】
調査エリア :全国
調査方法  :当サイトをご利用の上、実際に引越しをされた方を対象にインターネットアンケートを実施
サンプル数 :1,417件
調査期間  :2014年9月~10月


1.普段よく読む書籍の『ジャンル』 全体の結果



【全体のTOP5】
趣味・実用…32%
少年マンガ…28%
ミステリー・サスペンス…26%
ビジネス・経済…20%
文芸…15%

全体の結果で最も多かったのは、32%の『趣味・実用』でした。
2番目は『少年マンガ』、3番目は『ミステリー・サスペンス』となっています。
少年マンガの割合は、少女マンガの2倍以上となっていたため、少女マンガよりも、少年マンガを読む方のほうが多いことが分かりました。


2.男女別の結果


【男性のTOP3】
少年マンガ…34%
趣味・実用…34%
ビジネス・経済…27%

【女性のTOP3】
趣味・実用…32%
ミステリー・サスペンス…30%
少年マンガ…23%

男女の結果を見比べてみると、男性は『ビジネス・経済』や『IT・コンピューター』の割合が高いことに対し、女性は、『ミステリー・サスペンス』や、『エッセイ・随筆』の割合が高くなっていることから、男性は仕事に活かせるような実用的な本を読み、女性は物語や小説など、文学的な本を読む傾向があると言えました。


3.年代別の結果


【20代のTOP3】
少年マンガ…43%
ミステリー・サスペンス…28%
趣味・実用…25%

【30代のTOP3】
趣味・実用…34%
少年マンガ…30%
ミステリー・サスペンス…24%

【40代のTOP3】
趣味・実用…33%
ミステリー・サスペンス…27%
ノンフィクション…23%

【50代以上のTOP3】
趣味・実用…40%
ビジネス・経済…28%
ミステリー・サスペンス…24%


『SF・ホラー』や『ファンタジー』、『少年マンガ』、『少女マンガ』など、比較的娯楽性の高いジャンルの割合に関しては、若い年代のほうが多い結果となりました。

一方、これら以外のジャンルに関しては、年代が大きくなるほど割合が増加する傾向にありました。特に、『趣味・実用』や『ビジネス・経済』、『IT・コンピューター』といった、いわゆる“実用書”を読む割合が多くなっていることから、若年層は本に対して主に娯楽性を求め、年代が上がるにつれ実用性を求める傾向があると言えそうです。

そんな中、『ミステリー・サスペンス』の割合は、年代による差が見られなかった上、すべての年代で25%前後と比較的高い数値であったため、年代を問わず好まれているジャンルであることが伺えました。


4.ジャンル別 都道府県ランキング


それぞれのジャンルを見てみると、特に目立った地域性は見られませんでした。
そんな中、『ミステリー・サスペンス』に関しては、近畿地方がTOP3を占めていたため、近畿地方の方々は、ミステリー好きな方が多いのかもしれません。

ランキング全体を見てみると、熊本県が、最も多くのジャンルでTOP3にランクインしていました。次いで、愛媛県、宮城県も、さまざまなジャンルでTOP3にランクインしています。


5.おすすめの一冊
数多くの回答の中から、熱意が伝わってくるコメント、ユニークなコメントのものをいくつかピックアップしてご紹介します。

<本>
・冷静と情熱のあいだ(江國 香織・著)…江國香織の文章が好きで、ストレスが溜まった時にお風呂でゆっくり読みます。たまに湿ってしまう時もありますが、ボロボロになったら買い直し、今は三代目です(笑)(30代/男性)

<マンガ>
・ワカコ酒(新久 千映・著)…美味しいお酒と食べ物を求めるOLさんが主人公。これを読めば美味しいお酒の飲み方が見つかること間違いないです。(20代/男性)

<写真集>
・ARASHI at NATIONAL STADIUM 2008-2013…嵐好きは持っていて当り前のようなもの。2008年から2013年の国立競技場コンサート写真集。(20代/女性)


【まとめ】
最も多くの方に読まれている書籍のジャンルは、『趣味・実用』ということが分かりました。
普段限られたジャンルしか読まないという方も、今回の調査を参考に、いつもとは違うジャンルに挑戦してみてはいかがでしょうか。


その他、詳しい調査結果や、掲載しきれなかったおすすめの一冊はこちら
http://hikkoshizamurai.jp/press/11/

<関連調査>書籍の『保有冊数』・『購入冊数』に関する調査はこちら
http://hikkoshizamurai.jp/report/029/


【『引越し侍』について】
引越し情報を入力するだけで、全国200社以上の引越し業者の中から、お客様の条件にあわせて、引越し料金やサービスを比較し、業者を予約したり、一括で見積もりの依頼ができるWebサイトです(PC・スマートフォン・携帯電話に対応。予約サービスはPCのみに対応)。複数の引越し会社の料金やサービスを比較できるので、自分にあった引越し会社を簡単に見つけることができます。


引越し侍Webサイト:http://hikkoshizamurai.jp/
引越し侍 海外引越し専用ページ:http://hikkoshizamurai.jp/abroad/
引越し侍Twitter:https://twitter.com/hikkoshizamurai
引越し侍Facebookページ:https://www.facebook.com/hikkoshizamurai
※文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社引越し侍
メディアマーケティング部 担当:山田 岳史
TEL:052-527-3073 FAX:052-527-3080
Mail:h-info@a-hikkoshi.co.jp
URL:http://www.a-hikkoshi.co.jp/

※株式会社引越し侍は、株式会社エイチームの100%出資子会社として平成25年8月22日に設立、10月1日より営業を開始いたしました。