ニュース

  • HOME
  • ニュース|2020年

コロナ禍で移住への関心は高まる?引越し侍が、「住んでみたい地域ランキング」を公開!

株式会社エイチームのグループ会社である株式会社エイチーム引越し侍(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:熊澤博之)は、同社が運営する引っ越しの見積もり比較サイト『引越し侍』の利用者を対象に「住んでみたい地域」に関するアンケートを実施しました。
https://hikkoshizamurai.jp/report/emigration

◆調査サマリ
1.地方移住への関心度はどれくらい?
引越し侍の利用者に「地方への移住に興味があるか」というアンケートを実施したところ、「興味がある」「今回の引越しで移住する」など、移住に対して前向きな回答は3割弱だった。

2.移住するならどこがいい?46道府県ランキング!
東京都を除く46道府県で、「移住するとしたらどこに住みたいか」というアンケートを実施したところ、TOP3は沖縄県、北海道、神奈川県の順となった。

3.「住んでみたい移住先」を選んだ理由
住んでみたい移住先を選んだ理由を調査したところ、「自然豊かでのびのびと暮らせそう」「都市部に近く不便がなさそう」「観光地などが多く楽しそう」という順に多かった。

<調査概要>
調査対象:全国
調査方法:当サイトを利用して引越しをした方を対象に、インターネットアンケートを実施
調査期間:2020年6月~7月
サンプル数:4,084件

詳しい調査結果はこちら(https://hikkoshizamurai.jp/report/emigration

◆調査結果
1.地方移住への関心度はどれくらい? 

引越し侍の利用者の「地方への移住に興味があるか」というアンケートを実施したところ、「興味がある」と答えた方の割合は22%、「今回の引越しで移住する」と答えた方の割合は5%となり、移住に対して前向きな回答は全体の27%となりました。

2.移住するならどこがいい?46道府県ランキング!

東京都を除く46道府県で、「移住するとしたらどこに住みたいか」というアンケートを実施したところ、1位に沖縄県、2位に北海道と観光地としても人気の地域がランクインしました。3位には、東京都近郊の神奈川県が続いております。

3.「住んでみたい移住先」を選んだ理由

住んでみたい道府県を選んだ理由を調査したところ、1位には、「自然豊かでのびのびと暮らせそう」という理由がランクインしました。地方移住最大のメリットは、自然環境豊かな場所で暮らせることなのかもしれません。2位には、「都市部に近く不便がなさそう」という理由がランクインしています。移住をしても、便利な生活は手放したくない、という方も多いようです。3位にランクインしたのは、「観光地などが多く楽しそう」という理由でした。

まとめ
在宅勤務やリモートワークが広まるコロナ禍において、移住に関心がある方は27%もいることがわかりました。
「移住するとしたらどこがいいか」というアンケートでは、「自然が豊かだから」、「海が近いから」、などの理由で沖縄県が1位にランクインし、2位には、「自然が豊かだから」「食べ物が美味しいから」などの理由で北海道が選ばれました。また、3位は、「都会にもアクセスしやすい」便利な街である神奈川県が選ばれました。

今後、在宅勤務やリモートワークが長期化し、柔軟な働き方が定着していくと、人々の住む場所を選ぶ基準も変わっていくのかもしれません。

詳しい調査結果は、下記にまとめておりますので、ぜひ出身地の調査結果などもご覧ください。
https://hikkoshizamurai.jp/pdf/prefecture-detaile.pdf


【『引越し侍』について】

引越し情報を入力するだけで、全国300社以上(2020年8月現在)の引越し会社の中から、お客様の条件にあわせて、料金やサービス、クチコミを簡単に比較し、引越し会社を予約したり、一括で最大10社に見積もりの依頼ができるWebサイトです。引越し会社に、予約・見積もり依頼ができるのはもちろん、海外への引越しやオフィスの引越し、転勤に伴う引越し、ピアノの引越し、ピアノの売却などをサポートするサービスもございます。今後も、引越しをお得&お手軽に実施するためのサービス拡充を目指してまいります。

引越し侍Webサイト
https://hikkoshizamurai.jp/

引越し侍 転勤相見積り代行サービス
https://hikkoshizamurai.jp/relocation/

引越し侍 ピアノ引越し専用ページ
https://hikkoshizamurai.jp/piano/

引越し侍 ピアノ買取ページ
https://hikkoshizamurai.jp/piano-kaitori/

引越し侍Twitter
https://twitter.com/hikkoshizamurai

引越し侍Facebookページ
https://www.facebook.com/hikkoshizamurai

※文中に記載されている会社名、商品名は各社の商標または、登録商標です。